困った「自転車文化」について

多くをいう必要はあるまい。

クルマを運転すると人格が変わるが,日本では自転車に乗っても人格が変わる。困ったものだ。

道路右側逆走,歩行者道路で(ホコ天)の運転(降りて押すのがマナーというかルール),自転車レーンがあるのに歩道走行。
さらに,よく見かけるのが歩行者信号無視。ホコ天での自転車運転は危険行為と断言できる。

老若男女,スポーツ自転車・ママチャリ問わず。スポーツ自転車の歩行者信号無視は,しばしば怒りを覚える。

自転車の道交法軽視は,もはや,無視といっても良いであろう。つまり,道交法への関心がなく,違反をしているということである。大人の場合,おそらく,自動車運転免許を持っている人がほとんどのはずであるが,自転車に乗るとそんなことを忘れたかのように,道交法無視を行う。

別に,二段階右折をしろとまでははいわないが,右側逆走とかホコ天での自転車運転とかは,危険であるので,止めて欲しい。

少し実例を示す。プレイバシーの問題はあるが道交法違反の現行犯であるから,そんなことは無視する。ここに示すような実例は,街を30分も歩いていれば幾らでも見かける,極めて普通のことになってしまっている。

自転車に乗ると「道交法は他人事」となってしまっているようにしか思えない。

DSC_0479
右側逆走例1
DSC_0478
右側逆走例2
IMG_3818
歩行者信号無視・逆走右折1
IMG_3817
歩行者信号無視・逆走右折2
IMG_3819
歩行者信号無視・逆走右折3
IMG_3820
歩行者用道路自転車運転(ホコ天運転)
IMG_3766
自転車レーン(青いレーンが自転車レーン)無視・歩道走行1
DSC_0476
自転車レーン(青いレーンが自転車レーン)無視・歩道走行2
DSC_0474
自転車レーン無視・歩道走行3
DSC_0473
自転車レーン無視している運転者と自転車レーンを走行している運転者の対比

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA