『日本会議の研究』を読んだ記録

「菅野完著 日本会議の研究 (扶桑社新書)』を読んだ。これは,その記録である。

私にとっては,困った本である。何が困ったかというと,

1.私はベストセラーといわれる類の本はほとんど読まない(ロングセラーは読んだりするし,文庫になってから読んだりもするが,時事問題を扱うベストセラーは基本的に読まない)。

2.私は,徹底した「無神論者」である。無宗教ではなく,「無神論」である。では,唯物論者かというと,そんなことはない。ただ,神話や奇蹟や「ありがたい話」の類を信じない。神話を「過去の事実」の伝承としては捉えるし,無神論者とはいえど,世間常識の範囲での宗教的儀礼に反することもない。ただし,個人として何かに「帰依」するなどということない。私の散歩コースに小さな神社がある。そこは静かで落ちつているので境内を通る。しかし,鳥居の横から入って・出る。鳥居から入ると,結界に入ることになるからである。もちろん,「お参り」することはない。これは,神社だけではなく,寺院や教会であっても同様である。

このような私に,日本会議の研究という著作は,とても居心地が悪いのである。しかし,なぜ読んだかというと,「政治」の本だと思ったからである。

著者は「はじめに」において,「安倍政権の暴走が止まらない。」と記し始める。

しかし,この本は,「政治(まつりごと」の背景に「宗教(祭祀)」があると書いてある。そして,「安倍政権の暴走」は宗教の影響であるとの論旨になる。

これは,個人的に困ったことだ。「神様」とできるだけ縁遠い生活をしようとしている私に,「税」,「社会保障」,「仕事」その他もろもろ生活のすべてに関わる時の政権が「神様」の影響下にあると主張する論旨なのである。

その宗教とは「生長の家原理主義」であり,それが「日本会議」の本質であるというのが本書の論旨である。日本会議を構成する人々の詳細な記述があるが,それは本書を読んで頂くのが良いであろう。本書によれば,「生長の家」は政治活動を停止しているので,「生長の家原理主義」は別の宗派ということである。ここは注意を要する。

著者の記述を引用すれば日本会議の考え方は「天之御中主神→天照大御神=天皇→谷口雅春(生長の家教祖)」(p. 291)となるものらしい。こういう考え方の団体が,時の政権に強い影響力を有しているというとは,税制においても,社会保障においても,「身内ではない人」には居心地が良くない社会である。

著者は「はじめに」において,「日本は右傾化した」のかということに「果たしてそうか?」と疑問を提示する。その疑問が本書が執筆された動機であろう。

そして,著者は「一群の人々」による市民活動によるものだと結論付けている。その一群の人々を書いてあるのが,本書である。その影響下にある人たちが政権の中枢にいるのである。

本書は70年安保闘争の頃の,左翼活動と民族派活動(つまり右翼)の闘争に現状の原点があるとする。今の安倍政権の動きを理解するためには,そこまで遡らなければ理解できないということである。

しかし,私は,もっと昔まで遡らなければならないような気がする。少なくとも,明治維新前の「尊皇攘夷派(長州藩を中心とするが)」と「開国派(徳川家)」による内戦までである。歴史を知っている我々は,結果的に尊皇攘夷派が勝ったものの,結局,尊皇は残ったが攘夷は捨てて,開国してしまい,なんとも世界的にチグハグな国の日本ができた。本来は地方分権社会であり,特定の宗教が特権を有していかなった国が,突然,中央集権・国家神道という「お上」の押し付け国家になったのである。

押し付け国家は,第二次世界大戦において,「無条件降伏」というしてはならない失敗を犯す。

しかし,本書(日本会議の研究)を読む限り,一群の人々は,「無条件降伏」の結果である「日本国憲法」の成立過程に異を唱えているようだ。つまり,自分たちが信じる「神」の国が,犯した「罪」を罪と思っていないように思われる。

そして,これが偶然かどうかわからないのであるが,安倍晋三氏は,山口県選出の国会議員である。自らを長州出の「総理大臣」という人である。

日本会議が安倍政権を利用しているのか,安倍晋三氏が日本会議を利用しているのか,どちらなのかわからない。

しかし,明治政府や大日本国憲法が,その後の日本の破滅の基になったのである。それを「美しい国」とかいわれても,困るのである。

安倍政権に関しては,書きたいことは他にたくさんもあるが,この記事は,本書を読んだ記録にとどめておく。

最後に,本書は労作である。もし,続編が執筆される機会があるのであれば,是非,日本会議の「財務状態」について詳しく記述して欲しい。金の流れを知ることが,組織や人を理解する上で最も有効であると思うからである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA